TikTokのフォロワーを着実に増やす8つのコツとは!?【現役TikToker直伝】


「TIkTokの運用を行っているが、フォロワーが思うように増えない」
「TIkTokの運用を検討しているが、フォロワーの増やし方が分からない」

といったお悩みを抱えていませんか?

TikTokのフォロワーを増やすためには、TIkTok特有のプラットフォームの仕組みを把握し、戦略を練った上で動画を投稿する必要があります。

そこで今回は、フォロワー20万人以上を抱える現役TikTokerへのインタビューにより分かった、フォロワーを増やすメリットやコツについて解説していきます。

今回ご紹介するコツを実践することで、フォロワーを着実に伸ばせるようになるので、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

TikTokでフォロワーを増やすメリット

ライブ配信中の女性

TikTokでフォロワーを増やす主なメリットは以下3つが挙げられます。

・視聴数増加につながる
・商品やサービスの認知拡大や購買促進につながる
・ユーザーのリアルな意見を取得しやすくなる

それぞれ詳しく解説していきます。

視聴数増加につながる

フォローされると、「フォロー中」経由の視聴が増えるため、視聴数増加につながります。

それだけではなく、「フォロー中」経由の視聴は、すでにアカウントになんらかの興味を持っているユーザーによる視聴となるため、能動的なアクション(いいね・保存・コメント)や、視聴完了率といった指標にあらわれる、動画へのユーザーからの評価を高めやすい傾向にあります。

このため、フォロワーを増やすことにより「フォロー中」経由の視聴が増えれば、TikTokのアルゴリズムがユーザーからの評価が高い動画と認識し「おすすめ」欄でより多くの不特定多数のユーザーに拡散され、より視聴数を伸ばすチャンスが得やすくなるといえます。

商品やサービスの認知拡大や購買促進につながる

前述したとおり、フォロワーが増えることで相対的に視聴数が増加しやすくなれば、動画を通じた商品・サービスの認知拡大や購買促進の効果を高めることも期待できます。

例えば、実際にTikTokをうまくビジネスに活用している事例として、ある不動産会社のTikTokアカウントでは、まるで内見をしているかのような疑似体験を味わえる動画投稿によって、TikTok経由での物件のお問合せや成約数が増加したといった事例もあります。

ユーザーのリアルな意見を取得しやすくなる

一般的に、フォロワーが増えれば増えるほど、投稿へ積極的にコメントするユーザーが増えてきます。そのため、例えば、動画構成や投稿文を上手く工夫してフォロワーに質問を投げかければ、簡単な市場調査も実施可能です。

また、フォロワーが一定数増えてきたら、TikTokライブ(ライブ配信)を行うのも良いでしょう。TikTokライブをすることで、フォロワーとの親密度が深まり、ファン化につながるだけでなく、商品やサービス改善につながる意見をリアルタイムで取得できます。

TikTokのフォロワーを増やすためのコツ8選

スマホを眺める女性

TikTokのフォロワーを増やすメリットを整理した上で、ここからはフォロワーを増やすための具体的なコツを8つご紹介します。

8つのコツを意識してTikTokのアカウント運用を行うことがフォロワー獲得への第一歩となります。

ターゲットの設定

ターゲットを明確にすることで、狙いたいターゲットに刺さりやすい動画を作れます。その結果、動画に対するユーザーの満足度が上がり、フォローにつながりやすくなります。

投稿内容に統一性を持たせる

投稿する動画に「軸」を持たせ、投稿内容を統一することで、ユーザーにどんなことを発信しているアカウントなのかを示せます。そのため、投稿内容に興味・関心を持つユーザーからフォローされやすくなります。

また、投稿内容に興味・関心を持ってもらえれば、過去に投稿した他の動画も閲覧されやすくなるので、発信する「軸」を決めて、投稿する動画に統一性を持たせるようにしましょう。

ストーリー性のある投稿

ストーリー性のある投稿をすると、「動画の続きが気になる!」「動画の続きを見逃したくない!」といったユーザー心理が働き、フォローされやすくなります。

また、2022年からはTikTokの1投稿においての尺の制限が3分から10分に伸びたこともあり、BtoC企業や個人アカウントを中心にショートドラマを投稿するアカウントも増えています。
ただし、ショートドラマは制作工数の負担が大きく、制作難易度も高いため、まずは、実践しやすい、ストーリー性を用いた動画構成や伝えたい情報を複数の動画に切り分けて公開するといった動画構成など、続きを見たくなるような投稿を取り入れてみましょう。

プロフィールページを工夫する

プロフィールページにアカウント内での発信事項を簡潔に記載することで、情報に対して興味・関心のあるユーザーからフォローされやすくなります。

また、プロフィールページでは、過去の投稿が一覧で表示されます。ユーザーから過去の投稿を見てもらえるようサムネイルも工夫すると良いでしょう。例えば、TikTokの場合、動画の一部をサムネイルに変更できるため、動画内のインパクトシーンを抜粋したり、テキストを入れたりと、引きのあるサムネイルを作るようにしてください。

定期的な動画投稿

フォロワー獲得には投稿頻度も重要です。

投稿頻度が低いと、「あまりアクティブなアカウントではない」とユーザーに認識され、ユーザーのフォローに対するモチベーションが低くなります。

ユーザーとの接触頻度を増やし、アクティブなアカウントであることを示すためにも毎日の投稿が望ましいですが、「企画が尽きてしまう」「投稿すること自体が目的になり質の低い動画を投稿してしまう」といったリスクもあります。そのため、週に最低2〜3回程度の投稿が望ましいでしょう。

また、ターゲットに合わせた時間帯に投稿することをおすすめします。
決まった時間に投稿することで、その時間帯に普段から利用するアクティブなターゲットユーザーの目に留まりやすくなり、アカウントの視聴が習慣化され、フォローにつながります。

フォロワーとのコミュニケーションを活発に行う

マーケティング施策の一環でTIkTok運用に取り組む場合、単にたくさんの人の目に触れるだけの場所だと考えて、一方的な発信が増えてしまう傾向にありますが、TikTokはソーシャルメディアの一つです。一方的な発信ではなく、コメント返しなど発信者とユーザーの双方向のコミュニケーションが必要となります。

しかし、一般アカウントに比べて企業アカウントはユーザーとのコミュニケーションを積極的に行わない傾向にあります。投稿に寄せられたコメントへ丁寧に返信するだけでも、企業に対する印象がガラッと良くなり、フォロワー獲得につながりやすくなります。

トレンド音楽を活用する

TikTokの検索機能の一つである「楽曲検索」を活用すれば、新規ユーザーとのタッチポイントを創出できます。

とくに、トレンドになっていて、TikTok上で数多く使用されている音楽ほど、検索されやすい傾向にあるため、積極的な活用がおすすめです。

また、トレンド音楽を用いた動画はおすすめ欄に掲載されやすく、TikTokのアルゴリズムをハックするという観点からも有効な方法と言えるでしょう。

インサイト機能を活用して分析する

TIkTokでは投稿ごとにインプレッション数や保存数などの数値を確認できる「インサイト機能」があります。2022年からはインサイト機能の項目に「フォロワーの獲得数」が新たに表示されるようになったため、フォロワー獲得につながりやすい動画、つながりにくい動画の傾向を以前よりも把握しやすくなりました。

フォロワー数の伸びやすい投稿の特徴を掴み、動画に反映させることで、より戦略的にフォロワーを増やせます。

TIkTokのフォロワーを増やす際にやってはいけないこと

スマホを操作する女性

これまでTikTokのフォロワーを増やすコツについてご紹介してきましたが、反対にフォロワーを増やす際にやってはいけないこともあります。

例えば以下のような動画を投稿してしまうと、おすすめ欄に掲載されにくくなり、最悪の場合はアカウントが削除されてしまうといったリスクもあります。

・他人のコンテンツを丸パクリした動画
・TIkTokのコミュニティガイドラインを遵守しない動画
・シャドウバンのリスクを無視した動画

他人のコンテンツを丸パクリしない

TIkTokでは、よくバズコンテンツが生まれます。
ただし、話題のバズコンテンツの中身を丸パクリするのは良くありません。アカウントは違えど、ユーザーが既に見慣れている動画だと、わざわざアカウントをフォローしたいという心理にはなりません。バズコンテンツは丸パクリするのではなく、動画構成やタイトル文などを参考にして、何かしらのオリジナリティを加えて投稿するといった工夫をしてみてください。

TIkTokのコミュニティ・ガイドラインは遵守する

TIkTokが公式に発表しているコミュニティガイドラインは遵守するようにしましょう。

TIkTokのコミュニティガイドラインは他SNSプラットフォームに比べて規制が厳しく、
動画内で発言した言い回し一つでもガイドラインに抵触すると規約違反になり、動画が削除される場合があります。何度も違反を繰り返してしまうと、1週間程度、投稿ができなくなり、最悪の場合、アカウント停止やアカウント削除といったリスクもあります。

TikTokの運用担当者は必ず、不定期に改訂されるコミュニティガイドラインをチェックして、ガイドラインに違反しない動画制作やアカウント運用を心がけてください。

シャドウバンに気を付ける

シャドウバンとは、TIkTokの運営が不適切な投稿やコミュニティガイドラインに反した投稿を行ったアカウントへ与える「一時的に受ける見えないペナルティ」のことです。

コミュニティガイドライン違反となる項目に加えて、以下のような点について注意し、シャドウバンを受けないような動画制作を意識してください。

・ハッシュタグの付けすぎ
・リンクへの過剰な誘導
・YouTubeやInstagramといった他SNS媒体への過剰な誘導
・誰も見ないような質の低い動画を連続で投稿

シャドウバンを受けてしまうと、動画が全く再生されなくなり、最悪の場合、アカウント停止や削除といった重いペナルティを受ける場合もあります。

サムライトのTikTokアカウント支援サービス

サムライトのTikTokアカウント支援サービスのアイキャッチ画像

TikTok活用を成功させるためには、定期的に変化するアルゴリズムやトレンドへの対応が必要不可欠です。サムライトのTikTokアカウント支援サービスでは、TikTokの最新動向を常にキャッチアップしている専門チームにより、トレンドを的確に反映させた動画を企画・制作が可能です。

「TikTokをプロモーションに活用してみたいが、知識やノウハウがなく悩んでいる。」
「TikTokのトレンド把握や動画制作のためのリソースを確保するのが難しい。」
「企業としてどんな動画を制作、投稿していくべきなのかがわからない。」

などの課題をお持ちでしたら、ぜひお気軽にご相談ください。

▼詳しいサービス資料のダウンロードはこちら
https://somewrite.com/contents/download/tiktok/

▼サービスについてのお問い合わせはこちら
https://somewrite.com/business/serviceform/

まとめ

TikTokのフォロワーを着実に伸ばしているアカウントは、今回ご紹介したフォロワーの増やし方のコツを戦略的に取り入れ、やってはいけないことに注意しながら動画制作・アカウント運用を行っています。

繰り返しにはなりますが、フォロワーを増やすために大切なことは、アカウントのコンセプトやターゲットに沿った定期的な動画投稿を行い、ユーザーとのコミュニケーションを取りながら運用することです。

ぜひ今回ご紹介した方法を参考にして、TikTokのフォロワー数を伸ばしていきましょう。

あわせて読みたい記事はこちら

TikTokのアルゴリズムとは?バズが生まれる仕組みと攻略のポイントを徹底解説【2022年最新版】